日本国内において、昨今のITエンジニアの不足人件費の高騰が深刻な問題となっています。
その対策として海外拠点で開発を行う、いわゆるオフショアでの開発を検討する企業様が増えてきました。

弊社は現在、ベトナム(ハノイ・ダナン)シンガポールミャンマースリランカに拠点があります。
複数の拠点を置くことで、日々様変わりする世界情勢に柔軟に対応できる点も弊社のメリットです。

海外での開発だと品質に不安過去にオフショアで失敗した、などのお客様もいらっしゃるかもしれません。
開発拠点は海外ですが、大切なことは、
①日本人PM・SEが、毎週お客様と要件定義・設計を行うこと
②日本人が最終テストを実施すること
だと弊社は考えており、それを実現するパッケージプランをご用意しました。

アジャイル開発

弊社では顧客様を含めたチーム単位で開発を進めるアジャイル開発を行っています。
チームで分担して1つのイテレーション(短い期間での開発を何回も繰り返すこと)を完結させていくという考え方のもと、プロジェクトが進みます。
図の通り、日本側で入口(設計)と出口(テスト)を行い、開発のみ海外で行います。

アジャイル開発フロー図 アジャイル開発フロー図

対応技術

HTML

HTML

CSS

CSS

jQuery

jQuery

React

React

Vue

Vue

webpack

webpack

Python

Python

Ruby on Rails

Ruby on Rails

PHP

PHP

cakePHP

cakePHP

Laravel

Laravel

symphony

symphony

WordPress

WordPress

Swift

Swift

Objective-C

Objective-C

Java

Java

Kotlin

Kotlin

ReactNative

ReactNative

chef

chef

Docker

Docker

AWS

AWS

GCP

GCP

GKE

GKE

mongoDB

mongoDB

MySQL

MySQL

postgreSQL

postgreSQL

AI

AI

料金表

65万円/人月

オフショア開発のパッケージをご提案します

「オフショア開発エンジニア 1人月 30万円」という広告を目にすることがあります。
しかし、外国人へ適切に発注できるスキル、仕様作成スキル、テストスキルがない限り、
この方法ではまず間違いなくオフショア開発は失敗します。
相手は外国人、日本人に指示を出すより難しいのです。
弊社が、入口(設計)と出口(テスト)を担当し、お客様はフル日本語OKな状態で取り組めます。
このような日本側のコントロールも含めたパッケージプランでの料金設定で、ご提案しております。

国内エンジニアでチーム構成

日本人エンジニア
日本人テスター
100万円〜/人月
  • 採用難・人材不足
  • 採用コストが高い
  • 離職率が高い
  • 技術理想論で揉める
  • 単価の高騰

Hinode Laboでチーム構成

現地エンジニア
現地テスター
現地BSE
(エンジニア 兼 日本語対応可能)
日本人テスター
日本人SE
日本人PM
65万円/人月
  • 各国の豊富な人材
  • 厳しい面接に通過した確かなスキルを持つ人材
  • 人数のスケールアップが自由自在
  • マネジメントコストを吸収
  • お客様はフル日本語でOK

オフショアに失敗するチーム構成

現地エンジニア
30万円/人月
  • 双方の日本語力・英語力の問題で、コミュニケーショントラブル
  • 意図した成果物が提出されない
  • マネジメントコストが高い

Hinode Laboがプロジェクトの入口(設計)と出口(テスト)で、品質を担保いたします

1人月の定義

「その月の各国の営業日の全て」と定義しています。
弊社の海外拠点では年間を通して日本より祝日が少ない傾向にあります。

※基本的には6ヶ月以上のプロジェクトをお願いしておりますが、案件により調整致します。

お支払いフロー

貴社
Hinode Labo
海外法人

御社が海外送金をする必要は御座いません。
初期費 規模に応じてご相談

ページトップへ戻る