Service

日本、ベトナム、スリランカ、シンガポールに計150名のシステム開発チームを有し、「日本人フルマネージド型」オフショア アジャイル開発を提供します。
Talent Pool
150
開発拠点
東京 / ベトナム / スリランカ / シンガポール
費用
請負
100万円 / 人月
ラボ型
65万円~ / 人月

Scalability

ベトナムでは若いIT人材が次から次へと産まれ、
「来月から+20人」などといったスケールアップが可能!

日本
平均年齢
48
ベトナム
平均年齢
30
100M
75M
50M
25M
20M
15M

Cost

正社員
給与 採用媒体コスト 管理コスト
  • 採用難
  • 離職率が高い
  • 管理コストがかかる
  • 解雇できない
外注
大手ベンダー
150万円〜/ 人月
弊社同規模ベンダー
100150万円/ 人月
フリーランス/業務委託
80120万円/ 人月
弊社ラボ型
6580万円/ 人月
  • 人数の増加が難しい
  • フリーランスは管理コストがかかる
弊社サービス
日本人管理コスト エンジニアコスト
  • 自由にスケールアップ、スケールダウン、解約が可能!
  • コストメリットもあり!
急なチーム拡大にも対応でき、
コストメリットもあり!

Contract Type

請負契約ラボ契約
概要成果物に対する契約作業人数×期間に対する契約で、専任チームを確保
メリット
  • 開発会社に瑕疵責任がある
  • 成果物と責任範囲が明確
仕様変更に柔軟に対応できるため、案件立ち上げ負荷が低い
デメリット
  • リスクヘッジコストがかかる
  • 途中の仕様変更は別途費
  • 品質の担保が契約されない
  • 一定量の発注量が必要
案件例
  • 案件の仕様が完全にFIX
  • 予算制約が厳しい
  • 案件の仕様が曖昧
  • 継続的に会社として予算確保

Maintenance Contract

リリース後の保守契約

ラボ契約の継続

ラボ契約で定めた単価

タイムチャージ型
  • PM7,000円/時間
  • SE5,000円/時間
  • PG4,000円/時間
  • Tester3,000円/時間

※タイムチャージ型は、主にトラブル対応や、軽微な修正のためにスポット的に稼働する程度の業務量に向いています。

※タイムチャージ型では、新規の⼤型の開発はお断りしており、準委任型または請負型への切り替えをお願いします

※ラボ契約の継続の場合は、最⼩契約単位は、0.5⼈⽉〜となります。

Agile Development

品質担保のためのアジャイル開発

週1回の定例MTGに合わせて、短い期間での開発を何回も繰り返し完結させていくアジャイル開発の考え方のもと、プロジェクトが進みます。
日本側で入口(設計)と出口(テスト)を行い、開発のみ海外で行います。

Price A

請負型
100万円~ / 人月
ラボ契約
技術難易度
65万円 / 人月
Web / Mobile App
技術難易度
7075万円 / 人月
Web / Mobile App
技術難易度
80100万円 / 人月
AI / BlcokChain
※最小契約単位は、0.5人月〜となります。
※フルスタック性が強く要求される場合、単価が高くなります。
※技術難易度★★★★★につきましては、AI、ブロックチェーン開発など、高度分野での単価となり、通常のWeb・モバイル開発ではこの単価になることはありません。

Price B

タイムチャージ型
  • 日本人PM7,000円/h
  • 日本人SE5,000円/h
  • 日本人テスター3,000円/h
ラボ契約

現地エンジニア(通訳込み)

  • シニア55万円/人月
  • ミドル50万円/人月
  • ジュニア45万円/人月
Web / Mobileアプリ開発

現地エンジニア(通訳込み)

65万円~ / 人月
AI / BlcokChain開発

Option

専用個室
専用個室
5万円 / 5人~
以降+1名につき1万円
UI/UX
UI/UX
ASK

Case

CASE1 CASE2
Phase1の上流工程から準委任契約で行うこともあります。
CASE1 CASE1
Phase1の開発を請負契約で完了させ、その後Phase2をラボ型契約に切り替えることもあります。(補助⾦事業等)
CASE2 CASE2

Board Member

Keisuke Mizuno
Keisuke Mizuno
1988/4/28
岐⾩県
慶應義塾⼤学SFC卒
ニフティビジネスコンテストビジネス賞
プログラマー歴15年
ベトナムチーム「TOMOSIA」のCo-FounderCTO
スリランカチーム「セイロンソフト」のCo-Founder取締役
Anh Luu Tuan
Anh Luu Tuan
ベトナムプログラミングコンテスト優勝/⽇本準優勝/アジア⼤会進出
YahooJapanインターンにて、ベトナム検索エンジンアルゴリズムの改善プロジェクトを推進
⽇本のOKWave社でプログラマーとして6年在⽇
ベトナムチーム「TOMOSIA」のFounderCEO
Aruna
Aruna
CeylonSoft(Pvt)Ltd 代表取締役CEO
2004年スリランカMoratuwa⼤学⼯学部卒業後、電気通信⼤学情報システム学科修⼠、2009年⼀橋⼤学経営学修⼠。

卒業後、株式会社ベネッセ経営戦略室を経て、ヒューマンアカデミー⽇本語教育事業部事業戦略・商品開発室⻑を務める。
2020年出⾝地スリランカにてITリモートラボ型企業を設⽴。
Yudai Sakai
Yudai Sakai
立命館大学卒業
ベトナムオフショア開発会社「グレイトフルデイズ」を退職 後、HinodeLaboにJoin

VR、HR Tech、NoCode、SNS marketing、ECモール、店舗系システムなどさまざまな業種のプロジェクトにおいてPMを 勤める
Shohei Ito
Shohei Ito
HinodeLaboSingapore(Pvt)Ltd執⾏役員
明治卒業
ヤフージャパンで6年フルスタックエンジニア歴を経験
ヤフーショッピングにおける⼀定以上の規模のリリースには必ず伊藤の承諾を必要とするマネジメントレイヤーの業務にも従事